2019年03月12日

センサー杭のモデル活用

おはようございます。

岡山県議会2月定例会が開会中です。
3月5日、一般質問に登壇しました。

7項目の質問をしたのですが、
特に要望・提案したのが、西日本豪雨の復旧作業を進めている地域などでのセンサー杭(くい)を有効活用です。
 
センサー杭は、東京大学などの研究チームが研究していた斜面崩壊災害検出システムが情報処理学会などでの発表を経て実用化されました。
これは、LED回転灯、回転灯用の充電乾電池、電池内蔵の無線センサ端末、プラスチック杭が一体化したもので、堤防の決壊や土石流、地滑りなどの発生を、設置した無線センサ杭の傾きにより検知し、周辺の役所や施設、住宅に無線で即座に知らせるものです。
また、工事現場でもより早い検知により、作業員の安全を確保できます。すでに愛媛県内のダムのトンネル洪水吐(こうずいばき)新設工事などで使用実績があります。

西日本豪雨を経た今、情報先進県でもある本県において、県民の安全確保のため、西日本豪雨の復旧を進める地域でモデル的に無線センサ杭を使用し、幅広く危険個所への設置、工事現場での活用などを進めては、と提案しました。

今後、県では豪雨に伴う二次災害の恐れがある箇所に設置する方向で検討に入るとの前向きな答弁をいただきました(翌朝地元紙に答弁の模様が掲載されています)。

岡山市南区においても河川の堤防整備などの要望を県政に届け、着実に実行していきたいと思います。

地域の安心・安全を確保すべく、防災・減災対策をさらに前へ前へと進めていきます。
頑張ります。

2019議会一般質問.jpg
posted by koko at 00:00| 日記

2019年03月11日

東日本大震災から8年

2019消防操法.jpg

おはようございます。
2019年3月11日は東日本大震災から8年。
そして平成最後の3月11日になります。

2万人を超える方が震災の犠牲となりました。
今もなお5万人を超える方が避難生活を送られています。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に対し、あらためてお見舞いを申し上げます。

岡山県も昨年は西日本豪雨災害がありました。
従来の想定を超える自然災害が発生する時代に私たちは生きています。
震災、豪雨災害の教訓をどう次にいかしていくか。
これからを生きる私たちに課せられた大きな使命であると思います。

3月10日には、岡山市消防団南方面隊の消防操法訓練大会が開催されました。
地域の安心・安全の要である消防団。
団員の皆さんの地域防災における献身的なご努力に敬意と感謝を申し上げます。

私は昨年の9月議会で消防団機庫に救助用ボートの設置を要望しました。
救助用ボートの設置と活用について来年度予算が組まれました。
予算案を踏まえて、私は先週の議会で、水難救助の実践的な訓練についてお願いをしました。
今後、地域防災の取組を進めるにあたり、消防団の役割は、ますます大きくなると思います。
団員の確保、待遇の改善も必要です。
引き続き、現場からいただく声を県に届け、一つ一つの取組を命と暮らしを守る確かなものにしていきたいと思います。

posted by koko at 00:00| 日記

2019年03月10日

岡山市PTA協議会会長会

PTA会長会2019.jpg

こんばんは。
岡山市PTA協議会 会長会が開催されました。
次年度、PTA会長のお話をいただいており、現会長と一緒に参加をさせていただきました。

私は小学生4人の子どもを持つ、父親です。
子どもが小学生、中学生の時にしか経験することができない、PTA活動。
数年前より、お話をいただいていました。
今だからこそできることをと思い、皆さんのご協力もいただきながら、
活動していきたいと思っています。
これまで、役員として活動してきた妻や仲間の皆さんとともに、
親として学校と地域をつないで、教育現場を応援していけたらと思っています。

今回の会長会では、今年度の活動実績や次年度に向けての改善点や組織運営について、
報告がありました。
知人も何人か参加していて、来年度頑張っていきましょうと、誓い合いました。


posted by koko at 00:00| 日記