2015年05月04日

晴れの国おかやま24時間100キロ歩行

IMG_0665.JPG

5月2,3日で今年も、100キロ歩行が行われました。
救護班として、今年もサポーター参加をしました。
岡山の100キロ歩行は、もともと岡山政経塾のカリキュラムとして始まり、
私も9期生として、5年前に16時間15分で完歩しました。
一般公開の大会としてからは4回目で、今年は350人を超える参加者がありました。

今年の救護としては、何と言っても暑かったこともあり、熱中症が多かったことです。
残念ながら、ドクターストップ、リタイア勧告をしなければならないケースが多かった大会でした。

その分、夜は例年にくらべ気温が下がりすぎるということはなかったので、
低体温などの救護要請はありませんでした。

チャレンジャーからは今年も多くの感動をいただきました。
私自身も多くの気づき、学びをいただいた100キロ歩行でした。

この100キロ歩行は、スポーツイベントを通して単に岡山を内外に発信するだけでなく、
津田永忠の足跡に学ぶコースを歩くことで、県民にも、県外参加者の方にも、岡山のいまを実際にかみしめていただく、そんな意味が込められたコース設定になっています。

これからも、力の限り応援していきたいと思います。

24時間サポートは、サポート側も結構疲れます。
GWは、私もしばしの休息です。


posted by koko at 00:00| 日記