2015年05月08日

骨髄や幹細胞移植推進にむけて(県連絡協議会発足)

3月末、岡山県で、造血幹細胞移植推進連絡協議会が発足しました。
岡山市内で初会合。
白血病患者らへの骨髄移植や末梢血幹細胞移植を推進する目的で、特にドナーとなる骨髄バンク登録者を増やすことを目標として、話し合いの場が持たれました。

2014年1月に造血幹細胞移植推進法が施行され、県も関係機関との連携が求められていた。
ドナーの高齢化が言われており、若い人のドナー登録が今後の課題のようです。

全国骨髄バンクキャラバンのキャラバンカーが今月、岡山にもやってきます。
一人でも多くの方にドナー登録への理解が進むことを祈っています。

骨髄採取のための休業補償などの補助制度などドナー負担の緩和なども今後も検討していかねばなりません。
これからも多くの方のご意見を伺っていきたいと思います。

posted by koko at 15:11| 日記