2015年05月10日

少年空手道錬成大会(秀修館)

2015-04-26 12.56.04.jpg

第37回OHK杯争奪の秀修館少年空手道錬成大会が、岡山市東区の六番川水の公園体育館で開催されました。

初代宗家の杉守先生はご近所で親しくさせていただいています。
岡山大学医学部空手部でも、長年指導してくださった方です。
(私の同級生からよく聞いていました)

この日は小学生が元気に、試合に臨んでいました。
中には、思わず、涙する子もいましたが、最後まで真剣に戦いました。

空手は、鍛錬を重ねることにより、体力づくりのみならず、決断力や精神力の育成にも通じものがあり、
教育的価値の高い武道の1つと言われています。

子どもたちが、鍛錬を通じて人間的にも大きく成長してくれることを願っています。

よく、土日は公務員さんのように休みなんでしょ?と言われることがありますが、
議員は土日も結構出かけることが多く、家で休息という日はありません。
(あるとすれば、病気のときでしょうか)

日々、多くの方から意見をいただいたり、現場を見たり、状況を肌で感じたりの繰り返しです。
救急医療の状況把握の合言葉と同じく、まさに「見て、聞いて、感じて」が議員活動を続けていくうえで、大事になります。

現実をしっかりとらえ、みなさんの思いをつなげる姿勢を2期目も続けていきます。
そこから、県政の課題を掘り下げたり、発展に向けての施策展開につなげていけたらと思っています。






posted by koko at 00:00| 日記