2015年08月04日

トーマス・ウォード博士の教育講演

IMG_1865.JPG

米国コネチカット州ブリッジポート大学副学長のトーマス・ウォード博士の教育講演を
拝聴する機会がありました。

米国の教育と日本の教育を比較しながら、心の教育についてしめくくられました。

教育の基本は家庭にあり、家庭環境こそが、その子の将来を決める最も大きな要素となることを、博士はおっしゃっていました。
同感です。
私たち親も子どもから学ぶことも多いし、戸は親の背中を見て育つといいます。
家庭教育の重要性は、日本も米国も同じであることがよくわかりました。

私も4人の子どもを持つ子育ての世代。
家庭での時間、大切にしたいと思います。








posted by koko at 06:00| 日記