2015年09月09日

安全保障政策

2015-09-10 09.42.59.jpg

先日、わが国の安全保障政策について勉強をする機会がありました。
この3年間の安倍政権での安全保障の方向性について、外交、防衛、財務の観点から解説いただきました。

安倍首相は歴代の総理の中でも、国家観を持ち、それを非常に大切にされておられます。
経済の面で、世界をリードし、一流の国とされてきた日本が、
政治や安全保障の面でも、世界をリードする国になりたいとの思いがあるのではないかと思います。
もちろん、ここでいうリードとは、積極的平和主義を掲げ、世界の平和、安定を同盟国と導いていくという姿勢であります。

大詰めを迎えている平和安全法制についても、限定的な場面での集団的自衛権の行使、災害援助体制、PKO活動の見直しなどの分野で、説明と議論が国会でなされています。

戦後70年、70年前と我が国を取り巻く状況も大きく変わりました。
外交努力を重ねながら、時代にふさわしい形でアジア関係国、同盟関係にある国々と、
アジア太平洋地域の安定的平和の実現に、力を尽くしていただけたらと思います。

衆院選2度、参院選、そして総裁選再選を果たした安倍総理。

地方議員においても、過去の歴史に学びながら、わが国の安全保障政策とその方向性をしっかり理解し、勉強していきたいと思います。
posted by koko at 00:00| 日記