2015年09月14日

17回目の一般質問

項目表(小林孝一郎議員)0001.jpg

岡山県議会で通算17回目の一般質問に登壇します。
今回は今までと、すこし違うポイントから質問をします。

質問そのものの内容はシンプルでわかりやすいものを心がけました。
また、一問一答形式で、知事をはじめとする執行部のみなさんの率直な思いをお聞きするように努めました。
さらに、環境文化、保健福祉この2部門の質問をゼロにしました。
所属委員会に関する質問は、議会ではしないとの暗黙の慣習が自民党にあり、これに今回は従いました。

この分野においても議会の場で知事の想いをお聞きしたい気持ちもありますが、
今回は、なしで、行きたいと思います。
専門家の立場からの鋭い質問を期待してくださっているみなさんには、大変申し訳ありません。
ご理解とご協力をいただけましたら幸いです。
個別に、委員会、フロア、その他の場面で、執行部に意見していきたいと思います。

明日の午後1時15分くらいからの登壇になります。
よい質問戦となり、県政を前に進める議会になればと思います。

議員は、日常さまざまな活動を行っています。
出会う方や応援していただいている方から、いろんなご意見をいただいたり、
視察に出かけたり、膨大な資料に目を通す中で、県政の疑問や課題を抽出し、
質問と提言にまとめあげ、登壇しております。
「民主主義にはコストがかかる」、まさにその通りであると感じています。

みなさんからいただいた一票一票の期待、そして声を大切に、
県民を代表する者として、議会の場で、その声を伝えていきたいと思います。

明日、また最終調整して臨みます。

posted by koko at 00:00| 日記