2015年09月15日

日本医師連盟

2015-09-13 13.50.21.jpg

日本医師連盟の研修会(医政活動研究会)が開催されました。
医師連盟としての政治活動の具体的取組や、
医療関係国会議員による現在の医療改革の方向性、
政府関係者による、安倍政権の3年間の取り組みについて、講演を拝聴しました。

来年夏に参議院議員全国比例で出馬予定の、自見はなこ先生も出席され、
ざっくばらんにお話をさせていただきました。

国の方では、診療報酬の改定が大きな話題となっていますが、
地方においては、地域医療構想の策定や地域包括ケアシステムの実現などの、
地域に根差した医療介護提供体制の構築に注目が集まっています。
もちろん、両者は密接にリンクしており、さまざまなインセンティブによる政策誘導を行い、制度の定着をはかるものと思われます。

私からは、医師連盟の先生方に、
1.台湾のテーマパークでの爆発事故による日本医師会の救急支援
2.医療関係地方議員との連携
について、意見交換をしました。

医療はいまや社会インフラとも言われる時代です。

それぞれの地方が持つ課題や地域性をよく理解いただき、
良い点はお互いに生かし、地域にふさわしい医療提供体制を構築していけたらと思います。




posted by koko at 00:00| 日記