2015年10月22日

嘉義農林学校と甲子園とKANO

IMG_3364.JPG

台湾南部に農業が盛んな嘉義県というところがあります。
日本統治時代に嘉義農林学校が設立され、ここに野球部がありました。
日本統治時代には、高校野球の甲子園も台湾代表枠があり、かつて、この嘉義農林学校が、
出場したことがあります。
甲子園で準優勝を経験し、日本のプロ野球に入団した人もいるなど、野球の盛んな学校として名を馳せました。現在は、国立嘉義大学として学校も大きく発展しています。
甲子園に出場した野球部は、日本からやってきた近藤監督が文字通り、一から日本語で野球をたたきこみ、
連日の猛練習で技能を習得しました。

近藤監督の素晴らしかったところは、野球の指導だけでなく、当時いた日本人、台湾人(漢民族)、台湾原住民も3民族をわけへだてなく実力でもってのみ試合に出場させる考えを貫いたところです。
また、「嘉農精神」とよばれる人間教育を大切にした点であります。人間的成長を促すべく、精神面を徹底的に鍛えたことでも有名でした。
こうした、嘉義農林学校の甲子園の躍進は、映画KANO(永瀬正敏さん主演)として、
最近、日本でも上映されましたので、もし興味のある方は是非、ご覧いただけたらと思います。

日本統治時代の台湾の歴史を学ぶことは、当時のアジア情勢、日本が目指した方向性を
外から冷静な眼で見ることができます。

日本の近現代の歴史を認識する上で、大変貴重な機会を与えていただいているとの思いで、研修に臨んでいます。

posted by koko at 00:00| 日記

2015年10月21日

願いを込めて(平渓での天燈上げ)

IMG_3343.JPG

台湾に新北市平渓というところがあります。
台湾の地方の様子がよくわかる場所で、かつ炭鉱で栄えた町でした。
石炭を運んでいた列車は、現在は観光列車にかわっています。

ここは、天燈(スカイ・ランタン)を上げることで有名で、私たち研修団もそれぞれが願いを書き込み、
天燈を打ち上げました。
気球の原理で打ち上げるものです。

旧正月の15日には毎年、平渓天燈祭というのも行われているそうで、幻想的な夜の風景が楽しめるそうです。

どんな願いを書いたのか?
それは、もちろん、
「日台の架け橋となれるよう、これからも岡山での活動によりいっそう力を入れていきたい」
です!





posted by koko at 00:00| 日記

2015年10月20日

台湾の各政党本部を表敬訪問

FullSizeRender55.jpg

台湾政府招へい事業の日本青年台湾研修の一員として、
台湾を訪問しています。

この日は台湾の2大政党である国民党ならびに民進党本部を表敬訪問させていただきました。
民進党本部では、呉秘書長にお会いしました(写真)。
日本でいう幹事長にあたられる方です。
8月にも一度お会いしており、今回で2回目です。
私は中国語は話せないので、片言ですが、英語で言葉のやりとりをさせていただきました。

台湾は来年1月に総統選挙、立法院選挙を控えております。
いわゆる大統領と国会議員の選挙です。
選挙まで3ヵ月という時期ということもあり、台湾中で選挙に向けての盛り上がり、熱気を感じました。

現在は国民党ですが、はたして政権交代は起きるのか、今度の選挙はとても重要な分岐点になりそうです。
良好な日台関係が維持されることを願っています。






posted by koko at 00:00| 日記