2015年10月19日

大陸委員会

IMG_2772.JPG

台湾の中華民国行政院の大陸委員会を訪問しました。
ここは、中国大陸に関する業務全般を担当する機関です。
大陸側の中華人民共和国との関係、いわゆる両岸関係に関する業務を担当します。
両岸の往来に関する法律の案件の処理や事務関連組織への指導などを行う部署です。

委員会は、閣僚と学識者によって構成されているようです。

現在の馬英九政権では、中華人民共和国との関係は「統一せず、独立せず、武力衝突せず」を貫き、
経済交流を進めています。
大陸は台湾にとって大きな市場であり、リーマンショック後は、中国市場を頼りに台湾経済を維持、発展させてきた経緯があります。
一方で、大陸相手の貿易サービスなどで熟議をまたずに政策を進めると、学生による抗議活動が起こったこともありました。

中華人民共和国と中華民国は、1つの中国をお互い表明していますが、
これから迎える総統選挙、立法院選挙の結果如何によっては、また両岸関係も微妙に変化してくるかもしれません。
注目です。



posted by koko at 00:00| 日記