2015年12月22日

TPPの影響(特に畜産業)について勉強会がありました

IMG_3979.JPG

自民党岡山県連の畜産振興議員連盟でTPPに関する勉強会がありました。
わが国の畜産業に対する影響について、県当局より国の資料に基づいて説明がありました。
全体として、直ちに大きな影響が出るわけではないようですが、
基金などを活用して、酪農家の方の所得の安定を図っていかなければなりません。

岡山県は、中国四国有数の畜産県です。
県内農業出荷額1260億円の約40%にあたる500億円を畜産が占めています。

議会の質問戦でも、TPPで特に農業に関する質問が相次ぎました。
国もTPPに来年度は大きく対策をうってくるものと思います。

不安の声もありますが、ピンチをチャンスに変えるべく、情報をはやくキャッチし、知恵をしぼり、
販路開拓や商品の磨き上げなどをはかり、攻勢をかけていきたいものです。




posted by koko at 06:00| 日記