2015年12月25日

岡山県第7次保健医療計画

FullSizeRender111.jpg

現在、岡山県では第7次保健医療計画を策定準備を進めています。
先日の岡山県議会でも、進捗状況の報告がありました。
平成30年度に医療、介護の計画策定をそろえる方針から、今回は2年の計画となります。

新たに加えられる項目として、地域医療構想があります。
2次医療圏域ごとに機能別病床数を決め、持続可能な地域医療提供体制の構築を目指すものです。
毎年の病床機能報告をもとに、必要病床数との調整を協議しながら進めていきます。

地域に欠かせない医療資源がこれからも必要量残していけるよう、協議の場で合意形成をはかりながら、
ベストな選択をしていかなければなりません。
文字通り、これは地域づくり、各地域における拠点性の維持のための方策です。
オープンな形で議論を進め、病床機能転換にあたっては、国、県などの行政がしっかりとサポートしていける体制で進めていきたいものです。


posted by koko at 06:00| 日記