2016年01月08日

家族

2014-03-27 13.45.16 HDR.jpg

おはようございます。
家族の存在はとても大きなものがあります。
私も生まれて38年、両親、兄弟に支えられ、生きてくることができました。
今は、妻、子どもたちに囲まれて、忙しい中にも笑いの絶えない家庭の生活があります。

当たり前のように過ごし、当たり前だと思っていた家族の存在。
それが、当たり前の状態が当たり前でなくなる時、大きなショックがあります。

みなさんもそんな経験はありませんでしょうか。
大丈夫だと思っていたことが、大丈夫でなくなる時、
それは、あらかじめ用意してくれていて、事前に教えてくれるものではない場合がほとんどです。
受け入れる時間も必要になります。

いかり、かなしみ、くやしさ、無念さ
さまざまな葛藤があります。
生きていること、当たり前であるかのように存在していること、それこそ、尊いものはありませんね。

1人の人間として、
1人の医師として、
1人の政治家として、
家族というものの大切さをもう一度自覚をし、行動していきたいと思います。

自分自身が、健康であること。
健全な肉体がなければ元気に活動することはできませんし、
多くの方に心配やご迷惑をおかけすることにもなります。
自分の身体は自分だけのものではないことも、家族を持つと、そう思います。

健康に留意して、今年1年活動したいと思います。

posted by koko at 06:00| 日記