2016年01月15日

花の匂い

2016-01-08 10.31.37.jpg

昨年末、大切な家族を失いました。
火葬、通夜、葬儀、初七日を済ませ、岡山にもどり、今年の活動を始めています。
大きな喪失感が今も家族の心を覆っています。
私も、急なことになり、しばらく、気持ちが前を向くことができずにいました。

今まで、多くの人の死に直面してきましたが、
若くして命を失い、突然訪れる悲しみほど、つらいものはないことが、よくわかりました。

十分に親孝行できないままの別れになってしまい、
私自身、生きるということについての価値観がかわりました。

天国で、別の世界で、みまもってくれている家族のために、
今という時を後悔しないように、自分の考えや進路をしっかりと決断し、生きていきたいと思います。

また、どんなことがあっても、家族だけは守りぬけるよう、
健康で、大切なものは何かを常に考えながら行動していきたいと思います。


祭壇に飾られた色とりどりの花を見ていると、
mr.childrenの「花の匂い」という歌を思い出しました。

〜 花の匂いに導かれて 淡い木漏れ日に手を伸ばしたら
その温もりに あなたが手を繋いでいてくれているような気がした 

本当のさよならをしても 温かい呼吸が私には聞こえている
別の姿で 同じ眼差しで あなたはきっとまた会いに来てくれる 〜





posted by koko at 00:00| 日記