2016年02月01日

岸本卓巳先生が藍綬褒章を授章されました

IMG_4290.JPG

岡山労災病院 副院長の岸本卓巳先生が、じん肺診断医としての診療に対して、
多大な貢献をされたということで、藍綬褒章を授章されました。
先日、祝賀会がありました。

日本のじん肺診療、アスベスト疾患治療の第一人者として、
モンゴルなどアジア地域においても、指導に行かれたりしておられます。

岡山大学第二内科の先輩として、私が政界に出ていく前から、臨床面においてご指導をいただいてきました。
また、県内外、厚労省の動きなどをいち早く教えていただき、ご指導をいただいています。

地域医療を担う病院におられながらも、臨床、研究、教育という医学の3本柱を実践しておられます。
先生には、今後も健康に留意され、岡山県南部の地域医療のみならず、日本のじん肺診療をリードしていただけたらと思います。

おめでとうございました!



posted by koko at 06:00| 日記