2016年02月26日

防衛省 市ヶ谷記念館

IMG_4522.JPG

先日、自民党岡山県連青年局の中央研修会で、防衛省を訪問しました。
我が国の安全保障について、防衛省の方から約1時間、説明をいただいたので、
省内を見学させていただきました。

防衛省では年間数万の方の視察を案内して回られているそうです。
子供さんの見学も可能です。
安全保障に関心を持っていただけたらということで、広く受け入れを行っています。

最後に、省内にある市ヶ谷記念館を訪問しました。
ここのホールでは太平洋戦争での日本の戦争犯罪者を裁いた極東国際軍事裁判が行われました。
ホールは旧陸軍の師範学校のホールで今も大切に保存されています。
当時の軍事裁判の模様を、ガイドの方に説明いただきました。

開国、明治維新、富国強兵における日本の近代化から今日に至る歴史を一つ一つたどることは、
日本の現状と今後の進むべき方向を考えたとき、とても重要なことであります。

20世紀が人類にとって、日本にとってどのような世紀だったのか、
検証する必要があります。

市ヶ谷記念館でそんなことを思いました。



posted by koko at 06:00| 日記