2016年03月11日

3月11日の黙とう

IMG_4871.JPG

おはようございます。
3月11日、東日本大震災から5年です。
復興も進んではいますが、今もなお、被災地で不安な生活を余儀なくされている方がおられます。
震災から5年。
私たちは多くのことを学びました。
エネルギーや生き方に対する世の中の価値観も変わったように思います。
私自身も、この5年で、生き方に対する価値観や考え方が変わりました。
大切にすべきものの優先順位が変わったように思います。
政治や行政が何をすべきか、そして、日本に住む私たちに何ができるか、
この日は、少し立ち止まって考えてみることも、大切に思います。

先日、上田勝義県議の新春を語る会に、お伺いさせていただきました。
同期で机をならべ、日々、県政のこと、教育のこと、ボランティア活動のことを語り合っています。
会に先立ち、会場の皆さんと、黙とうをしました。

風化すること、忘れられることは一番つらいことです。
今一度、防災のこと、自然のこと、生きることについて、今日は考える日としましょう。









posted by koko at 06:00| 日記