2016年03月23日

見えないから見えたもの

IMG_4982.JPG

おはようございます。
岡山は点字ブロック発祥の地です。
先日、敷設49年、記念日制定6年を記念して、式典が開催されました。
この日は、竹内昌彦先生を人生を映画化した「見えないから見えたもの 拝啓竹内昌彦先生」の上映会もあわせて開催されました。

竹内先生は「障害者の数は、健常者の方に比べると圧倒的に少数で声も小さい。でも、
これからの岡山は、これまでと同様、少数の人を大切にする、そして、小さな声を大切にする地域であってほしい。そして障害を持つ多くの人は、皆さんのお世話になるだけでなく、社会の一員として、社会の役に立ちたいと心から思っている」と開会あいさつをされました。

竹内先生ご自身、いろんな苦労があったと思います。
映画の中でも、その一端、エピソードがご紹介されています。
でも、目が見えないという状況であったからこそ、理解できたこと、経験できたこと、心の中で悟ることができたことがあったと言われていました。

「見えないから見えたもの」

帰りにDVDを購入しました。
家族みんなで家で観ようと思います。

posted by koko at 06:00| 日記