2016年03月25日

若者の参画する街岡山キックオフ

IMG_5009.JPG

おはようございます。
先日、若者の参画する街岡山キックオフイベントに参加しました。
ユースクリエイトの原田謙介代表が岡山大学の岩淵先生と協力し、
4月から岡山大学で講義・授業を行います。

大学生として18歳選挙権時代を考えるべく、授業で学生が主体的に政治にかかわる意義を知り、
社会や街を担っていく「市民」としての在り方を考えるものです。
同時に、岡山が「若者の社会参画が進む街」へ変貌する方法を模索し、実践を行います。

「投票に行こう」から始めるのではなく、生活・地域を起点に考え、それらと政治の接点を感じていく。
そして結果として「投票にいく」。
そんな自然な流れをもった街をつくるべく、このキックオフイベントでは、世代を超えた人が集まり、
さまざまな意見交換がなされました。

18歳選挙権の真の狙いは、20代の投票率向上や、
選挙権取得後の初回選挙での投票率向上にあると私は思います。
高校生で主権者教育が始まりましたが、大学という地域や社会との接点がより一層強まるこの年代で、
実際の街づくり、地域づくりと政治についての教育機会を持つことは極めて重要であると思います。

岡山大学でのこのユニークで勇気ある先駆的な取り組みが、若者の行動を変える大きなアクションとなり、
大学でのシチズンシップ教育がより一層進んでいくことを期待しています。

楽しみですね。

posted by koko at 06:00| 日記