2016年04月19日

神武天皇と高嶋神社(宮崎市からの訪問団)

IMG_5393.JPG

おはようございます。
宮崎市の観光課の方が、神武東征誘客キャンペーン事業で先日、岡山市南区宮浦の「高嶋神社」を訪問されました。
宮崎市は、神武天皇にまつわる様々な仕掛けを展開し誘客につなげようと神話をPRしています。
大和を治めるために宮崎を出た神武天皇が、瀬戸内海を経由して和歌山、奈良へと入っていく過程で、
この高嶋神社に3年(8年との説もあり)滞在されたとされています。

この日は、宮崎市のみなさんが神話衣装を着用しパレードや参拝を行い、
地元のみなさんと光南台公民館で意見交換会を行いました。

神武天皇東征の道程で、岡山市南区宮浦の地は、中間地点にあたります。
岡山市コンベンション協会の方ともお話をしていたのですが、
岡山市としても、この神武天皇ゆかりの地を活かして、観光資源に磨き上げ、
地域振興につなげることができればと思います。

日本の成り立ちについて考えてみる、よい場所になるのではないでしょうか。










posted by koko at 06:00| 日記