2016年04月21日

三世代で学ぶ牛窓景観・環境保全シンポジウム

FullSizeRender45.jpg

おはようございます。
先日、第7回 三世代で学ぶ牛窓景観・環境保全シンポジウムー牛窓の里海・里山の魅力と可能性ー
がありました。
牛窓ロータリークラブのエンディング記念事業として、
平成28年度 都市景観大賞「景観まちづくり活動・教育部門」応募事業として開催されたものです。

メガソーラーによる自然エネルギーの推進や、柑橘類やオリーブなどの地元の農産品、
地中海に例えられるようなきれいな海や、朝鮮通信使等の歴史等、里海・里山の魅力と可能性についての討論でした。

県内には、さまざまな地域資源があり、それぞれが魅力を放っています。
資源を活かし、地域を元気にしていく活動を今後も応援していけたらと思います。

こうした勉強の機会を教えていただき、声をかけてくださる方々に感謝をしながら、
県政の発展のために、地域の実状、強みと課題を掘り下げていくことができたらと思います。




posted by koko at 06:00| 日記