2016年05月22日

体育祭、運動会のシーズン

IMG_5651.JPG

こんにちは。
先日、地元の福南中学校(岡山市南区)で体育祭が開催されました。
今年は記念すべき40回大会です。

体育祭、運動会のシーズンですね。
秋に多かった運動会も熱中症のことを考えて、春に移行したり、
少しプログラムを減らしたり、工夫しながらの開催となっています。
子どもたちの一生懸命な姿をみるとこちらも胸が熱くなり、感動を覚えます。
大人として社会の一員として立派に成長してくれることを願ってやみません。


この日は平日にもかかわらず、多くの保護者の方が参加、見学をされていました。

以前に、「子どもの声がうるさい」ということで土曜や日曜の開催をとりやめ、
近隣住民の方が仕事にでかけている平日に運動会を開催するところも都市部にあると、
報道等できいたことがありました。

子どもの元気な声が聞こえることは、同じ子どもをもつ私としては、
ほほえましいことで、成長や将来が楽しみとの思いがありますが、
さまざまな事情があるのでしょうか、これまでできていたことが、
「子どもの声がうるさい」という理由だけで変更せざるを得ないことになっていくことは
少しさびしい思いがあります。
時代でしょうか。

地域に出て、いろんな現場にお伺いしていると、いろんな状況が目に入り、いろんな声が耳に入ってきます。
活動一つ一つを大切にし、自分が大切に思う考え、こうあってほしいと思う考え方をしっかり持ちつづけたいと思います。



posted by koko at 00:00| 日記

2016年05月21日

備前県民局

FullSizeRender87.jpg

先日、県の出先機関である備前県民局の概要説明がありました。

毎年、この時期に説明をいただき意見交換しています。
今年は、できるだけわかりやすく簡略に説明するようにと、
各部・課長に備前県民局長より指示があったそうです。

県民局は本庁よりもより地域に密着した形で取組を進めています。
私も農林や土木などの地元課題で県民局にいく機会が度々あります。

今回は主に新しい事業や地元に関する事業について質問しました。
継続しているものについては効果を検証し、それを踏まえ、つぎの展開へ進むようにしましょうと意見交換しました。
地元と県民局をつなぐのも私たち地元議員の役割であります。

現地現場の声と県の考えを調整し、いい地域を作っていけたらと思います。



posted by koko at 00:00| 日記

2016年05月20日

新体制での委員会がスタートしました

FullSizeRender26.jpg

岡山県議会、新体制での委員会がスタートしました。
私は農林水産委員会です。
この日は農林水産部の行政概要の説明がありました。
部局の説明をお聞きし、感じたことは、やはり販路の拡大やPRを県としてしっかりやっていかなければならないとの思いでした。
関西、首都圏、海外と米、野菜、果物の販売を展開しており、
県も「もうかる農業」を実現すべく力を注いでいます。

また、林業については、環境問題もふくめた興味関心のある人たちを呼びこむべく、
強みをどのようにしていかしていくかということもしっかり考えなければと思いました。
農林大学校新設も他県ではあるようです。

ブランド化を含めた生産体制の構築、マーケティングなどの販売戦略、環境保全・環境学習、
鳥獣害対策、農林土木、品種に関する研究など多岐にわたる農林水産業。

いのちや暮らしに密接な分野であり、岡山の基幹産業でもあります。
地元岡山市南区にも広大な田畑が広がっています。
地域の声を集めるとともに、県内の状況も広く把握していきたいと思います。





posted by koko at 00:00| 日記