2016年06月24日

岡山県首都圏アンテナショップ

IMG_5879.JPG

 おはようございます。

 岡山県および鳥取県による共同アンテナショップである「とっとり・おかやま新橋館」が開設されて1年半が経過しました。とっとり・おかやま新橋館はJR新橋駅から徒歩1分の立地で一帯は都内有数のビジネス街にあり、新橋駅に近い賃貸ビルの1、2階(約940平方メートル)にあります。
 開店前の課題としては費用対効果が挙げられ、賃料だけで年8300万円を負担しなければならないことから、赤字経営とならないための創意工夫が求められ、市町村との連携イベントの開催や移住相談窓口の設置など、多様なニーズに対応し、集客力を持って売上を伸ばす工夫をすべきとの指摘がありました。

 開店1年半で運営状況としては、来館者は71万1768人で年間51万人ペースで推移し、物販と飲食店の売上高は約5億3330万円、1年目標5億円を少し遅れて達成したことになります。
 1日平均では1400名強の人が訪れており、週末には2500人を超える日もあるとのことでした。
岡山県分としては、観光相談が601件、移住相談が134件でありました。
 アンテナショップの効果等については、ショップ自体が首都圏のメディアに取り上げられる機会も多く、地域の魅力をPRする効果は十分あったとのことでありました。
 
 現在の取組としては、
1.集客推進策として関係団体や市町村と連携した多様なイベントの開催、
2.運営事業者との連携による魅力ある店舗づくり
3.県内へのフィードバックとして出品業者にリアルタイムで売れ筋や購買層などのデータを提供するシステム(県産品情報管理システム)を活用した各種情報の提供
等を行っています。

 6月定例県議会でもアンテナショップの現状と今後に関する質問が相次ぎました。県内事業者へのきめ細かいアドバイスを通じて商品開発の支援を強化していきながら、首都圏に住む人や訪れる外国人に、岡山に関心をもっともっていただけるように、一層の創意工夫を期待しています。

 
posted by koko at 06:00| 日記

2016年06月23日

西日本の大雨〜土砂災害に注意です

FullSizeRender49.jpg

おはようございます。
参議院議員選挙が始まりました。
岡山県選挙区では自民党は小野田きみ候補が遊説をスタートさせました。
全国で与野党が激突し、2週間強の舌戦が繰り広げられます。

昨日から西日本は雨が続いています。
九州地方では時間100ミリを超える大雨のところもあり、
人的被害が出ております。
岡山でも昼から大雨が続いています。
児島湖の水位上昇、用水路や河川の氾濫、土砂災害に注意が必要です。

岡山県においては防災対策も今回の選挙では一つのテーマだと思います。
施設や橋梁の耐震化や、緊急輸送道路の整備、備蓄や物流管理、情報システムの構築。。。
地方自治体に関する部分もありますが、
国と県と市町村がどう連携して災害に備えるか。
大切です。

先日の熊本地震では、岡山県医師会からも医療チームが派遣されました。
県からは栄養士資格を持つ職員等も派遣され、公衆衛生対策にあたりました。
災害対応において医療関係団体の役割も重要です。
6月議会では、県と医療チームとの公衆衛生対策の協定について質問をし、知事からも前向きな答弁がありました。

自主防災組織率の向上も岡山県の大きな課題です。
先日の地元での選対会議でも地域の課題に触れてほしいとの声がありました。

マイクでの連呼がうるさい。毎回同じような光景と演説だ。
このような意見をお聞きするときがあります。

地域のみなさんとローカル、グローバルそれぞれの視点で、
意見を交換していける、若い視点ならではの選挙戦になればと思います。






posted by koko at 06:00| 日記

2016年06月22日

本質に立ち返る〜18歳選挙権

2016-06-11 17.19.54.jpg

おはようございます。
参議院選挙がまもなく始まります。
18歳に選挙権年齢が引き下げられて初の大型選挙です。
どれくらいの若い人が投票に行くか注目が集まっています。
投票に行くということは、政策を吟味し、候補者の訴えを理解し、
この人に地域の未来、日本の将来を託したいと思って行う行為と私は思っています。

私はもっとも大切なことは、主権者としての自覚だと思います。
主権者教育という言葉がこの半年間、さまざまなメディアや教育界で登場しました。
主権者教育は政治の理解のみならず、自治の仕組みや地域の課題を理解したり、
ボランティア活動や自主的な課外活動なども含まれると思います。

自分の住む町のことについて考えることはもちろん、
自分の身の回りで起きていることに対して考えをめぐらしたり、
根拠をもって自分の行動を決することも、主権者教育が目指すところだと思います。

急がば回れで、今回の18歳選挙権の施行にあたり、
今一度、主権者とは何かをじっくり考え、十年、二十年をかけて、
日本の教育のなかでしっかりと伝えていくことができればと思っています。
私たち大人も、自らの胸に手をあてて考える機会になればと思います。








posted by koko at 06:00| 日記