2016年06月06日

すべての難民が難民でなくなるその日まで

FullSizeRender78.jpg

こんにちは。
先日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の織田靖子(おだ やすこ)氏が、来岡され、
早島町で、講演をされました。

国際ソロプチミスト岡山さつき認証20周年記念講演で、
「世界を知ろう!世界で働こう!」とのタイトルで、これまでのご自身の国連での活動歴について、
詳細にお話してくださいました。

人との出会いが一番大きかったことと、求められたところで一生懸命に仕事をすることがすべてと
言われていました。
フロアに来ていた高校生から、日本における難民の受け入れについての質問があり、
豊かな自然が広がり、コミュニティーが存在している地方の方が、
都会よりも受け入れ環境が整っているのではないかと、期待を表明されました。

世界で活躍する日本人女性の姿から、岡山の子どもたちが高い目標を持ち、
命を大切にし、世の中の役に立ちたいと前向きになれる機会になったのではないかと思いました。


posted by koko at 00:00| 日記