2016年07月20日

児童作品展懇談会

IMG_5973.JPG

おはようございます。

先日、MOA美術館 児童作品展の懇談会がありました。
岡山県内では初めての試みで、これまでの児童作品展の試みと今後の方向性について、
話し合いの場を持ちました。

国内最大規模の児童作品展をMOAは実施しています。
小学生を対象に絵画と書写の応募を募っていますが、日本全体で40%、
岡山県内で実に74%の小学校が応募をしています。

作品展は文科省の指導要領に従って企画されたもので、
作品制作を通じ、子どもたちがどのように成長していくかを追跡調査しているという特長もあります。
また、地域の公民館等で展示会を行っています。
賞を受賞された方のみならず、学校の先生にもぜひ鑑賞いただき、今後の児童への指導のきっかけにしていただけたら幸いです。
さらに、芸術鑑賞は今、箱物から街中回遊へと変わってきています。
岡山の街中を歩きながら芸術を鑑賞できる、そんな要素を取り入れてはどうかと
提案をさせていただきました。

posted by koko at 06:00| 日記