2016年08月01日

株式会社 西粟倉・森の学校

IMG_6520.JPG

おはようございます。
先日、県議会 農林水産委員会で株式会社 西粟倉・森の学校を訪問しました。
西粟倉村役場で百年の森林構想についての取り組み概要をお聞きしたのち、
製材現場を視察しました。

ここでは6次産業化ネットワーク活動交付金等を活用し、
間伐材を利用した「無垢床タイル」と「内装材」の加工・販売を行っていました(写真)。

行政と森林組合、ベンチャー企業が合意書を交わして、西粟倉独自の木材活用システムを構築しています。
西粟倉村は県や国の環境関係の多くのモデル地区に選定、指定されており、
先進的な地域であります。

こうした森林事業によりローカルベンチャーは13社育ち、雇用は新たに117名を生み出しています。
若者の定住等により高齢化や人口減少における数値の進行が鈍化するなど、一定の成果も出ています。
地域資源をうまく行かした地方創生の形が西粟倉にはあります。

現場で感じたことを県行政への提言・提案に生かせていけたらと思います。



posted by koko at 06:00| 日記