2016年11月12日

初期研修医のマッチング

IMG_8032.JPG

こんばんは。
岡山県地域医療部会が先日ありました。
県内の中小の病院の院長等の先生方が毎月1回勉強会、意見交換会を開催されています。

医師の偏在解消に向けての情報交換もありました。
厚労省等の国の動きや県内の研修医のマッチングの状況についても報告がありました。

岡山県内の初期研修医のマッチング数は、今朝の山陽新聞にもありますように、
過去最高となりました。
研修病院の先生方の宣伝活動や、
県が昨年度に設けた研修病院の連絡協議会での満足度調査など、
きめ細やかな対応と情報公開、
そして都市部の病院での増改築などによる設備の充実なども研修医が多く集まった要因と思います。

今後、新専門医制度も始まるようになると、医師の都市部や大病院への集中・偏在の懸念が出てくることが言われています。
県内それぞれの医療圏域で、医療サービスが適正に行われるよう、
偏在が少しでも解消されるよう、政治・行政としても知恵と工夫をこらしていけなければなりません。
地域づくりや教育とも直結してくる問題です。

岡山県全体としてどうしていくか、県北地域での医師確保(定着)について、よく考えていかなければなりません。


posted by koko at 00:00| 日記