2016年07月30日

茶道淡交会 東中国ブロック研修会

IMG_6459.JPG

おはようございます。
先日、茶道淡交会(裏千家)青年部の東中国ブロック研修会が岡山市内でありました。

青年茶人よ 時分の花を咲かせよう〜地域とともに、人とともに〜
をテーマに各地の青年部員のスピーチが講演会がありました。

両備ホールディングス株式会社の松田敏之副社長による、
「企業ガバナンスと地域の関わり」と題した講演では、
企業の理念や行動規範についてわかりやすく説明いただき、会社に目を向けていただく、あるいはサービスを
利用していただくには、まず地域(岡山)に足を運んでいただくことが必要であることから、
県外の方、特に中国地方や大都市圏の方には岡山を売り込むことを力を注いでいると話されました。
政治や行政を進めていく上で大変示唆に富んだお話を伺うことができました。

研修会ではほかに、日本文化としての茶道を盛り上げるために青年世代として、
会員拡大の話や茶道の良さを伝えていくためにできることをということで、
先輩方よりご意見をいただきました。

歴史や規律を重んじる茶道。
教育的効果も高いということで最近は小中学校等での学校茶道にも力をいれています。
大学では岡大鹿田キャンパスにも茶道部がありました。
また、学祭での発表にお伺いしてみようと思います。




posted by koko at 06:00| 日記