2018年07月21日

呉妹診療所にて

IMG_7267.jpg

 こんばんは。
 先日、災害派遣医療チーム(JMATおかやま)として、避難者の方の救護に参加しました。
 倉敷市保健所の事務局本部に集合し、朝ミーティングで情報共有をして、救護班は各地域で医療活動を行い、夕方にチーム活動の報告ミーティングがあり、1日が終了します。ミーティングは1時間程度あり、避難所での衛生管理や診療所復興支援室の立ち上げ、各種疾患への対応など日々刻々と変化する被災地、避難所の環境について情報交換を行い、状況に合わせて組織のアプローチも変わっていっています。私たちのチームは、ちょうど、急性期から復興期の時期に、医療支援チームとして活動に携わりました。17日の夕方には伊東かおり倉敷市長が倉敷地域災害保健復興連絡会議(KuraDRO)の本部に来られました。
 翌18日は、岡山JMAT小林チームは、JMAT福岡(福岡市民病院チーム)さんと真備町の呉妹診療所(テント内での仮診療所)での診療を担当しました。医療ニーズとしては、片付け作業に伴う外傷や皮膚・眼科疾患など災害関連のものに加え、熱中症や処方切れとなったかかりつけ医のお薬の処方希望などが増えてきました。
 呉妹診療所は真備町の西部の地区で絶大な信頼を得ている診療所でして、再開は地域住民の悲願でもあります。再開までの間少しでもお手伝いができればとJMATの活動が続いています。青空診療所は、17日の避難所巡回とはまた違った経験になりました。今の自分にできる支援をしていきたいと思います。

posted by koko at 18:00| 日記