2011年01月07日

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センターは、
乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦を会員として、
児童の預かり等の援助を受けることを希望する者と、
援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものです。
市町村が実施しております。

この度、岡山市役所分庁舎に会員申込に行きました。
申込には面談も含めると2時間以上を要し、
また、大供の市役所でしか申込ができませんでした。
中心市街地から遠くに住む人にとっては、
なかなか大供まで出て行って、申込に長時間を確保するのは難しい状況です。

援助を受けたい会員が、もっとスムーズな形で申込ができるといいのにと思います。
たとえば、区役所やふれあいセンターなどで申込ができたりすれば、
預けたいお母さん方にとっては申し込みやすくなると思います。
すばらしいシステムの事業なだけに、もっとスムーズな形で受けやすくする形を整えていけば、
さらに利用者が増えていくのになあと思いました。

岡山市南区の私の地区では、子育て中のお母さんも多く、
ファミリー・サポート・センターの援助申込が多いそうですが、
援助受け入れの側が、まだまだ少なく、
需要が多いが、供給が追い付いていない状況です。

このシステムがもっと認知され、また地域で子育て支援を行っていく、
という意識が芽生えていくことが、重要であると実感いたします。
posted by koko at 00:00| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ありがとうございます。
精一杯自分にできることをやっていきますので、
今後ともご指導よろしくお願いいたします。

Posted by 小林孝一の母 at 2011年01月07日 22:01
僕は岡山大学第二内科の医者で、小林孝一郎様が岡山大学医学部の学生だった頃からお付き合いがあった、姫路在住の太田誠介という医者です。小林様の後援会に入りたいのですが、670-0801姫路市仁豊野650、太田誠介宛てに案内をお送り下さい。
Posted by 太田誠介 at 2012年11月26日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: